大井としもちゃん

義歯が自分の歯と同じように使えるようになれば移植治療はオワリですが、定期的なメンテナンスをうけなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。


標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいて頂戴。
ほとんどの移植診療はインシュアランス適用外なので高額の費用を一度に用意できない方も多いのが当然です。
それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える歯科医院が増えています。費用すべてを現金で一度に支払えなくても、診療をはじめることは十分可能になりました。どんなケースであっても、インプラント治療をうける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。おもったより専門性の高い外科的メディカルケアを要するので、症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
インプラント治療をはじめるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。


保険適用されることはごくまれで、すべて自由診療になることが当たり前ですから移植を何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。また、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。
手当てが無事終わっても、メンテナンスをうけなければならないことも念頭に置きましょう。



どんな移植も永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけて頂戴。

http://www.grolls.info/キレイモ/東京都/立川北口駅前.html

せっかく行った移植を維持する為にはケアが欠かせないわけで、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。しかし、移植を入れたところに腫れや出血がみられた場合、移植周囲炎を起こしているかもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから一日でも早く歯科医の診療をうけましょう。

金属でできた移植を骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。人工根元の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を用いているのです。移植手当てにインシュアランスが適用されることはまずありません。



その全額が自費になるのが普通です。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くともオペレーションの前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。一般的な移植診療は、3つのハードルを越えなければなりません。まずは人工付け根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、付け根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのが大まかなプロセスです。この中では、人工付け根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。移植手当ての開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。